子宮筋腫や無精子症は治せる|【至急】子宮の治療を受けることが大切

女性

治療方法を把握する

女性

女性の多くが発症するといわれている子宮筋腫は、月経量が多くなる、激しい生理痛などの自覚症状が体に現れます。しかし、ただの生理痛だと捉え、放っておく人も少なくありません。また、生理時以外にはこれらの症状が現れないため、子宮筋腫だということに気づかないまま過ごす人も多くいます。子宮筋腫は不妊の原因にもなり得る症状なので、はやめに改善する必要があります。子宮筋腫になってしまった人は、産婦人科や内科で適切な治療を受けましょう。また、子宮筋腫には生まれ持った素因と、月経が素因という二つの説があります。さらに、その原因はハッキリとは証明されていませんが、女性ホルモンの原因が有力視されています。女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わっているといわれているので、治療ではホルモン治療や漢方療法などが行われています。

子宮筋腫を発症してしまった際は、必ずクリニックで治療を受けましょう。子宮筋腫は、主に子宮内に発症しますが、大きくなりすぎた子宮筋腫が他の臓器を圧迫することもあります。また、症状によっては妊娠しているように下腹部がポッコリすることもあります。生理痛が重くなるだけではなく、他の臓器にも悪影響を及ぼすことから、はやめの治療が大切なのです。薬物療法や漢方による自然治療力を高める治療法、ホルモン治療、外科手術などがありますが、症状によって適切な治療方法が異なります。大きくなった子宮筋腫や、早急な処置が必要な子宮筋腫には外科手術が適しています。食事の見直しなどから、改善を志しましょう。ちなみに、子宮筋腫は不妊の原因にもなるので、不妊治療では子宮筋腫の検査を行ないます。不妊治療では、体外受精を行なう場合もありますが、妊娠に必要な栄養素などを積極的に摂取して、妊娠を目指すことが大切です。男性が不妊の原因になることもあるので、無精子症の疑いがないかしっかりと検査することも大切です。

体外で受精する治療法

夫婦

不妊治療を受けている人の中で、高い効果が得られなかったという人は、体外受精を受けると適切です。卵子と精子を体内から取り出し、受精させた後、子宮に戻す方法なので高い妊娠効果が望めます。

View Detail

精子を取り戻す

夫婦

無精子症は男性の100人に一人が発症する不妊の原因です。無精子症の人で不妊治療を行なっている人は、精子を取り戻すためにも自分の症状を正しく把握することが大切です。

View Detail

摂取したい栄養

妊婦さん

妊娠中は通常のときよりも豊富な栄養量が必要になります。特に鉄分や葉酸、カルシウムなどは胎児にも良い栄養をもたらしてくれるので、積極的に摂取しましょう。しかし、摂取する食材に注意する必要があります。

View Detail