子宮筋腫や無精子症は治せる|【至急】子宮の治療を受けることが大切

笑顔

摂取したい栄養

妊婦さん

妊娠中はバランスの良い栄養を摂取する必要があります。また、妊娠中は胎内にいる子供に栄養が多く行き渡るように、今まで以上に栄養の摂取に気を使う必要があります。健康的な子供を生むためにも、食事には注意しましょう。妊娠するのに必要な栄養素として注目されている葉酸は、妊娠中も摂取すると体に良い影響をもたらしてくれます。神経障害や流産などのリスクを軽減してくれるので妊娠中も積極的に摂取しましょう。主にほうれん草や枝豆、キウイフルーツやいちごなどから摂取できます。しかし、葉酸は摂り過ぎると危険な場合もあるので、一日の摂取量に注意しましょう。また、妊婦の多くが貧血状態にあることから、鉄分は積極的に摂取する必要があります。鉄分を多く含む食材として注目されているレバーは、脂肪性ビタミンが多く含まれているため危険です。ほうれん草や大豆食品などから鉄分を摂取しましょう。

妊娠中はカフェインなどの成分に注意する必要があります。しかし、カフェインにはストレスを解消させる効果が含まれています。心が落ち着く作用があるので、イライラや不安などから不眠が続くならカフェインを摂取すると適切です。また、医学的にも一日1杯から2杯程度なら問題ないといわれています。カフェイン量に注意して摂取しましょう。カフェインを摂取する際は、その分、カルシウムや亜鉛などを多く取り、胎児と母体を健やかな状態に保つことが大切です。カルシウムは骨や歯の育成に必要な成分なので、子供の成長をサポートしてくれます。また、母体のイライラを沈める効果もあるのでヨーグルトや牛乳などから積極的に摂取しましょう。妊娠中は便秘になりやすいので、乳酸菌などの栄養を摂取して腸内環境を整えることも大切です。