子宮筋腫や無精子症は治せる|【至急】子宮の治療を受けることが大切

笑顔

精子を取り戻す

夫婦

男性の100人に一人が無精子症だといわれています。無精子症は、精液に精子が全くない状態のことをいい、不妊の原因にもなります。これまで、不妊の原因は主に女性にあるといわれていました。しかし、最近ではこの無精子症の実態が明らかになったことから、不妊の原因は双方にあるとされています。半々の確率でお互いが不妊の原因を持っているといわれていることから、不妊の理由は必ずしも全て女性にあるとはいえないのです。女性が不妊治療を行なっても、一向に妊娠する兆しが見られない場合は、男性が原因だと考えられます。無精子症の疑いもあるので、まずは一度クリニックで検査をしましょう。無精子症だとしても妊娠する可能性は多いにあるので、諦めずに治療を受けることが大切です。

愛する我が子の顔を拝みたいが、無精子症だと診断された人は、クリニックできちんと治療を受けましょう。無精子症は主に「閉塞症無精子症」と「非閉塞性無精子症」に分けられます。前者は精巣の中で精子が作られているが、通り道が閉塞しているため精子が通れずにいる症状です。また、後者は精巣で精子が全く作られていない状態を指します。非閉塞性無精子症といっても、人によってはごく僅かな精子が作られていることもあります。症状によって適切な治療方法が異なるので、自分に適した治療を受けることが大切です。また、ホルモンが精子作りに大きく影響していることから、ホルモン注射など手軽にできる治療方法もあります。まずはクリニックでカウンセリングや検査を受け、自分の精子の状態を正しく把握することが大切です。